【体験談】自毛植毛の術後仕事に行く日のヘアスタイル(前方自毛植毛)

【自毛植毛・AGA治療】体験談

前の記事<【体験談】自毛植毛の採取部分ってバレない?採取部分の経過について

 

夫は20代前半から薄毛が気になり数年が経ち、自毛植毛に興味を持ったのですが一番気にかかっていたのが会社を何日も休まなければいけないのか…という不安です。自毛植毛を検討する方にとって一番そこが気になるところではないでしょうか。

実際夫も、手術後の仕事へのヘアスタイルについて凄く不安を持っていました。

ここでは夫が手術を受けた後、仕事に行く日のヘアスタイルと手術跡がどれくらい目立つのかについて写真も踏まえてご紹介します。

 

有給を取ったのは1日だけ

夫が手術を受けたのは、金曜日で土日休んで月曜日から普通に仕事に行きました。
流石に、土曜日に手術を受けて月曜日から仕事に行くのは不安だったので金曜日だけ有給を取り自毛植毛の手術を受けてきました。

事前の診察で後ろの毛根の株を取る部分はカツラを付けると聞いていたのですが「今までバレたという人はいませんから安心してください」と言われていた事が納得できるくらい自然で自分が見ても全く分からない状態です。

 

これが後ろから見た部分ですが、全く自然で分からないと思います。

手術当日に、病院のヘアメイクさんがエクステの様に結び付けてくれ取れないようになっているので後ろについてはまずバレナイと思います。

前部分ですが、頭頂部の髪の毛を手術する数カ月前から余り切らずに伸ばしていたので、スプレーでしっかりとヘアセットしたら手術した部分は気にならなく毎日このような状態で出勤していました。

 

数センチの距離まで接近して見ると分かるかもしれませんが、仕事をしている中で数センチの距離まで接近することはないので明らかに植毛したのがバレる事はないと思います。

 

ポイントは、自毛植毛の手術をする前に手術部分を隠せるように髪の毛をのばしておくことです!
スプレーなどで、ヘアセットすれば全く問題なく過ごせました。

 

シャンプーをどうしていたか気になる方もいらっしゃると思いますが、毎日髪の毛を洗う時、手術部分はゴシゴシと洗わず髪の毛だけにシャンプーを付け、あとはシャワーでしっかりと流すという方法で過ごしていました。流す泡だけで頭皮を洗うイメージです。

【植毛後のシャンプー方法】
数ヶ月はシャンプーは手術部分以外はしっかりと泡立てて洗い
手術をした部分(前方)は泡立った泡で流す程度にしました。

参照:【体験談】自毛植毛後のシャンプー方法について

 

後頭部の自毛植毛の採取部分のカツラは、いつまでも付けていないといけないのか・バレないのか…気になるところだと思います。

手術部分の経過や状況について【体験談】自毛植毛の経過-移植部分の脱毛で写真も添えて経過の解説をしていますので是非参考にしてみて下さい。

 

自毛植毛後の感想

手術をするまではバレないか・不自然ではないかと言う事がとてもネックで何年も自毛植毛に踏み切れませんでしたがやってみると本当に想像以上に自然に過ごせ、生えて来た現在はもっと早くやってればよかったと思えているのが現状です。

夫は10年近く「プロペシア」を服用して、AGAの進行を抑えていたため薄毛が気になり始めたら何らかの対処はしておくべきだと思いました。

自毛植毛は、一時的なダウンタイムはありますが、夫は仕事をしながらダウンタイムを乗り越えることが出来ました。
体験談を読んで頂き、ダウンタイムの様子や経過も参考になれば嬉しいです。