薄毛治療・抜け毛治療は皮膚科?皮膚科の薄毛治療はどのような治療?

薄毛治療

男性でも女性でも、頭頂部が薄くなってきた…
最近抜け毛が酷い
将来の髪の毛が不安…

といった、髪の毛の悩みを抱えている人は少なくありません。
髪の毛は隠すことが出来ない上、髪の毛のボリュームや髪型で印象や見た目が大きく変わってしまう男女ともに大切な部分だからです。

髪の毛の悩みは「皮膚科?」「薄毛専門クリニック?」と考える人もいるでしょう。
ここでは、皮膚科で行われている薄毛治療について詳しく解説をしていきます。

AGAクリニックでの治療は、こちらの記事で詳しく解説をしているので是非参考にしてみて下さい。

https://xn--z3vt3dba996t.com/aga-treatment/

 

AGAクリニックと皮膚科は何が違うの?

「薄毛」と一言でいっても、人それぞれ原因も違えば症状も違ってきます。
自分の薄毛が、一般的にどれくらいの進行具合なのか…というのも詳しく知っている訳でないので、治療で通う場所を悩んでしまう人が多いのが現実です。

そして、薄毛という悩みだから恥ずかしいと言って病院に足を運ぶのを躊躇してしまい進行がどんどん進んでしまうという人も多くいるのです。

AGAは進行性のものなので、早めの治療が大切になります。
AGA専門クリニックと皮膚科の両方で薄毛の治療は行っていますが、両者では多少目的が異なってきます。

 

AGAクリニックはどんな目的?

AGAクリニックは、薄毛に特化した治療を行うクリニックになります。
目的としては『発毛・育毛』です。

カウンセリングを行い、あなたの今の頭皮の状態をチェックしあなたの目的としている発毛状態に持っていく為の効果的な治療を提案・提供してくれる場所になります。
発毛・育毛治療の症例数も多く、処方される薬や治療方法も充実しており飲み薬だけではなく注射治療・植毛治療・タトゥー治療など幅広く整っているのが特徴です。

効果の実感も高いですが、それに伴い費用も皮膚科よりは高くなってしまいます。

https://xn--z3vt3dba996t.com/aga-treatment/

 

皮膚科はどんな目的?

皮膚科は、基本的には薄毛に特化した治療ではなく現状の維持と悩みの軽減を行っています。
かゆみやフケが多い・皮脂が過剰に出る・炎症などのトラブルの処置を行いそれに伴って抜け毛が解消される可能性もありますが、AGAクリニックのように発毛・育毛を目的としているわけではありません。

実際に、頭皮の状態が原因で抜け毛が増えたり乾燥や炎症によって薄毛を誘発したりという事もありますので頭皮トラブルで悩んでいる方は皮膚科がオススメです。

皮膚科の目的についてお話ししましたが、AGA治療薬であるプロペシアも皮膚科で処方してもらう事は可能です。

AGAの副作用を知りたい!プロペシア・ミノキシジルの知っておくべき副作用は?
薄毛で悩んでいる人にとってAGA治療薬は、薄毛をストップしてくれるなら…と興味を持っている人も多いのではないでしょうか。 今では、AGA治療薬には様々な種類が開発されています。 AGA治療薬は、薄毛対策として非常に効果的ですが「薬」...

 

薄毛にどれだけフィナステリドは効果あり?

日本皮膚科学会で、男性型脱毛症(AGA)を対象にした調査結果が発表されています。
内服1年弱→改善効果が得られた「58%」
内服2年→改善効果が得られた「68%」
内服3年→改善効果が得られた「78%」

地肌が見えていた箇所が、見えなくなるというのはしっかりとした改善効果と言えます。服用期間が長いほど、効果を実感している方が多いのが分かります。

プロペシアは、発毛効果は期待できませんが抜け毛の進行を抑える薬としては非常に有効なAGA治療薬です。
ここできちんと把握しておかなければいけないのは、フィナステリドには直接髪の毛を生やしたり増やすといった効果はありません。

では、なぜ多くの方が服用によって改善効果を感じられたかということですが、フィナステリドは脱毛ホルモンが生成されるのを抑制する働きがあります。

このフィナステリドの脱毛抑制効果によって、ヘアサイクルが整い抜け毛が減っていきます。
抜け毛が減るということは、今まで抜けていた毛が育ちまた次の毛が生えてくる。
結果、抜けることなく毛も育ち・ヘアサイクルが整うことによりまた新たな毛も生えてくる。

この繰り返しが結果、毛量の増加をもたらしているのです。

薄毛になる原因は?

薄毛になる原因は、男性ホルモンが非常に密接に関係しています。

ジヒドロテストステロンが毛母細胞に作用しヘアサイクルを乱れさせることによって薄毛が進行していきます。

ジヒドロテストステロンはどのようにして発生するかと言えば、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結びついて生成されるのがジヒドロテストステロン(薄毛の原因)になります。

皮膚科やAGA専門クリニックで処方可能なプロペシアは、薄毛になる原因とされているジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれる効果がある為、服用を続けることによって抜け毛が減り薄毛の進行を止めることが可能とされています。

 

皮膚科での治療費相場は?

皮膚科で行っている治療は相場として1回当たり1万円~15,000円ですが、治療方法や治療目的によっては保険対象になる場合もありますので皮膚科で確認をしてみるといいでしょう。
薄毛治療は、他の皮膚トラブルとは違って即効性があるものではありませんので数カ月~半年は通いながらの治療が必要になります。

AGA治療の費用は?相場を知りたい!1カ月当たりに必要な費用について
◆最近頭の髪の毛が気になってきた ◆これ以上薄くなりたくない ◆将来髪の毛が残っているか不安 男性で髪の毛の不安を抱えている人は、昨今非常に多くなってきています。 AGAで治療をする場合に気になってくるのが 「1カ月どれくらい...

 

皮膚科では受けることが出来ない治療

皮膚科は発毛・育毛が目的ではありませんので、髪の毛を根本的に増やすという事は難しくなります。
髪の毛は、毛母細胞がしっかりと働いてこそ元気な髪の毛が生える仕組みになりますので皮膚科では毛母細胞の再生は難しい治療と言えます。

「薄毛が進行していて増やしたい」
「ボリュームがなくなった髪の毛をボリュームアップしたい」
という方は、発毛・育毛を目的としているAGAクリニックに行くことがオススメです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
同じ皮膚問題でも、AGAクリニックと皮膚科では目的も治療も異なってきます。

お金を安く済ませたいから皮膚科に行こう!ではなく、あなたの目的がどのようなものかによって「専門クリニック」か「皮膚科」かを選択するようにしましょう。
捉え方として、AGAクリニックは一時的には皮膚科より治療費が高くなりますが、将来的に発毛育毛が目指せる治療になりますので先行投資として考えて治療を行う人が多い様です。

もちろん一人ひとり悩みも原因も異なってきますので、自分にどこが合っているのかよく分からない方はAGA専門クリニックでも皮膚科でも「無料カウンセリング」を行っている所が多いですので、まずは無料カウンセリングを受けてしっかりと悩みを相談してみるといいでしょう。

その中で、これは受けてみよう!と思う場所があなたに合った治療になりますので是非一度足を運んでみて下さい。
 

-おすすめ無料カウンセリング-

アイランドタワークリニック

【自毛植毛】
自毛植毛を受けた方の国内植毛シェア60%以上
皮膚を切らない独自の「i-Direct法」
施術後は通院不要

 

池袋AGAクリニック

【発毛治療】
男性型脱毛症(AGA)に特化した発毛治療専門
脱毛の進行を抑制するだけでなく毛量の増加を実感できる発毛を目的としたクリニック

 

リアス銀座クリニック

【発毛治療】
全カウンセラーが「毛髪診断士」の発毛・育毛のプロ
業界初!新発毛プランで発毛実感率99.95%

≪選ばれているPoint≫
治療費は月額2,980円~
頭皮診断 初診・再診料 無料
全額返金保証
完全予約・個室制

AGAゆずクリニック

【発毛治療】
『1人1人に合った治療を提案』
無理な高額治療の提案やローンの強要なし
明朗会計で安心して治療を受けることが可能
予算に合わせた治療も可能な点がオススメ

アートネーチャー

【増毛・育毛・かつら】
欲しい所へ段階的に髪の毛を増やすことが可能

予算や頭の状態に合わせて増毛法の相談が可能
色や毛質を合わせた人工毛バリエーションが豊富

 

銀座HSクリニック


【自毛植毛・発毛】
ベストな組み合わせをオーダーメイドで提案
内側・外側からの治療を組み合わせた治療が可能
6種の高濃度成長因子HSリボーンカクテルと2種の発毛促進成分を頭皮深部まで針を使用せず導入
ダメージを受けた細胞自体を再生し発毛を促す新しい毛髪再生治療が可能