≪AGA治療法≫植毛について

自毛植毛

植毛とは、イメージとしては田植えのように後頭部や側頭部の髪の毛を薄毛で悩んでいる箇所に移動させる治療方法になります。

カツラと違って、毎日取り外ししたりズレたり蒸れたりという事がない為、一度植毛を行い定着すると毎日の手間やズレているんじゃないかという不安は払拭されます。

植毛の種類とは?

植毛の種類には「人工植毛」と「自毛植毛」があります。

人工植毛とは名の通り、人工的な髪の毛を植毛する行為になりますが異物を体に植え付ける為拒絶反応やトラブルが多いためアメリカでは禁止されている行為になります。

自毛植毛とは、AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部から健康的な毛根を選定し採取し、薄毛で悩んでいる箇所に移植する治療方法になります。

自分の元々持っているものを移植するため、拒絶反応やトラブルが起こりにくい点からも植毛は「自毛植毛」がオススメです。

 

頭には、AGAの影響を受けやすい部分と受けにくい部分があります。
後頭部や側頭部は、AGAの影響を受けにくく採取後悩んでいる薄毛の箇所に移植をしてもこのAGAの影響を受けにくい性格は受け継いだまま定着されるのです。

AGAの影響を受けやすい箇所は、前頭部や頭頂部になります。
前頭部や頭頂部が薄い方が多いですよね。後頭部や側頭部だけ薄くなっている人は居ないはずです。
その理由は、頭にはAGAの影響を受けやすい所と受けにくい所があるからなのです。

夫が最終的に受けた治療は、自毛植毛です。

最初は、手術=怖いという恐怖心しかありませんでしたが『移植元の毛の性質を受け継ぐ』=移植部分の毛は抜けにくいと言う事を知ってから、手術を受ける決心がついた様です。

結果は、体験談を読んで頂けると分かるように今ではかつて髪の毛が無かった箇所にもしっかりと太い髪の毛が生えてきてコンプレックスが軽減されたようです。

手術を受ける前には、しっかりと医師の方のカウンセリングを受けて納得してから受けることをオススメします。

 

自毛植毛とは?メリットとデメリットについて
薄毛に悩んでいる方は「育毛剤を使っても効果がない」「薄毛が進行してしまう前に何とかしたい」と言った悩みを抱えている人も少なくありません。 そこで一番効果が実感できるのはメンテナンスや何回も通う必要のない「自毛植毛」になります。 ...
自毛植毛後はいつから働くことが出来るの?注意点は?
自分の髪の毛を移動させる『植毛』 カツラや増毛の様に、メンテナンスに気を付ける必要もなければ「浮いていないかな?」と人の目を気にすることもない植毛。 今、人気の増毛方法です。 自毛植毛は興味あるけれど、仕事をしていたら痛みやダ...
植毛は痛い?ダウンタイムは?植毛について詳しく解説
植毛のポイントは『AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪の毛を使用する』点です。 AGAの影響を受けにくいと言う事は、移植した部分は薄毛になりにくいという事です。 現に、夫が自毛植毛した部分はしっかりとした毛根が定着し、今までな...
【体験談】自毛植毛の手術当日 薄毛コンプレックスの解消
薄毛がコンプレックスで「運動や水泳で頭が濡れるのが嫌だ」「温泉とか気になる」と、私生活の中のいろんな所で頭が気になっていた日々…。 夫は今まで「自毛植毛」なんて考えたこともありませんでした。 逆に、薄毛治療をなめていて個人輸入で薬を...