紫外線は大敵!?紫外線が頭皮に与える影響とは

薄毛疑問Q&A

紫外線は年中降り注いでおり、肌へのダメージはシミやシワを作る原因となるため日焼け止めなどを塗り肌を守っている人は多いですが、実は頭皮にも予想以上に大きなダメージを与えているのです。
そして、大半が頭皮の紫外線対策をしている人は少なく非常に無防備な状態となっています。

紫外線からのダメージを放置すると『抜け毛』『薄毛』『臭い』の原因になるのです。

 

紫外線の危険性

紫外線は目に見えませんが、肌に非常にダメージを与えるとても危険なものです。

また、紫外線は夏だけに降り注いでいる訳ではなく年中私達に降り注ぎ悪影響を与えています。
『光老化』という言葉をご存知ですか?

≪光老化とは≫

肌トラブルの80パーセントは紫外線が原因と言われている程、紫外線はダメージを与える要因なのです。
生活をする中で紫外線を浴びる事によって「シミ」「シワ」「たるみ」など、様々なトラブルを引き起こすことを光老化と言います

 

紫外線によって、女性が気になるシミやシワを誘発し年齢より老けて見えるなど非常に大きなダメージを与えます。顔や手などの皮膚は日焼け止めなどを塗って気を付ける人が多いですが、頭は無防備ですので常に紫外線を浴びています。

紫外線は肌だけではなく頭皮にも多くのダメージを与えており頭皮は、顔の3倍も紫外線を受けていると言われています。

紫外線を直接頭皮に浴びることによって、皮膚は硬くなり血行が悪くなることで「抜け毛」「切れ毛」「髪の毛のパサつき」「硬い頭皮」と健康的な頭皮と髪の毛を保てなくなってきます。
髪の毛は、毛細血管から栄養と酸素を取り込み毛母細胞が活発に働くことで、しっかりとした髪の毛が生えてきます。
紫外線によって頭皮がダメージを受けてしまうと、頭皮は硬くなり栄養が毛母細胞に運ばれず毛はやせ細り抜け毛の原因になってしまいます。

 

紫外線から頭皮を守るには

紫外線のダメージは蓄積されることによって徐々に、頭皮環境を悪化させます。
ですから日頃から、紫外線対策をすることが非常に重要です。

帽子をかぶる

帽子は、蒸れによって逆にハゲるんじゃないかと思っている方も多いですが夜にきちんとシャンプーをし頭皮環境を整えておくことで蒸れだけでハゲる事はありません。

蒸れるからと言って帽子をかぶらず、紫外線がダイレクトに頭皮に当たる方が悪影響です。

 

紫外線スプレーを使用

今は肌に日焼け止めだけではなく、頭皮の紫外線スプレーも販売されています。

スプレーなんて頭皮に悪いんじゃないかと思いがちですが、きちんとその日のうちにシャンプーをし清潔に保っていれば問題はありません。

 

まとめ

女性は紫外線に対して、怖いイメージを持っている人が多いので気を付けている人が多いですが男性は紫外線に対して危険性を持っている人が少ないので、気が付いた時には既に大きなダメージを頭皮に与えていると言う事も少なくありません。

今日からでも、頭皮の紫外線対策をし少しでも頭皮環境を守る様に心がけましょう。