薄毛は遺伝すると言われる理由・対策

薄毛対策・予防法

薄毛で悩んでいる人は「親族に薄毛の人がいると自分も…」とか「ハゲ・薄毛は遺伝する」と耳にしたことがあり心配している人もいるのではないでしょうか。

ウソだと思いたいのが正直な所ですが、残念ながら薄毛は遺伝すると言われています。
確実に遺伝する訳ではありませんが、可能性が高い問題ですので是非参考にしてみて下さい。

薄毛はなぜ遺伝する?

結論からお伝えすると、薄毛は遺伝と関係があると言われています。
100%薄毛が遺伝する訳ではありませんが、4人に1人に遺伝する確率があるのです。

「なんで薄毛は遺伝するのー?」と嘆いてしまいそうですが、薄毛が遺伝する理由はAGAが男性ホルモンが非常に関係している為なのです。
薄毛になる原因と言われている要因は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合することでジヒドロテストステロンという物質に変化することで起こります。
このジヒドロテストステロンが、男性ホルモンの受容体と結合しやすくなることでヘアサイクルを乱れさせる「TGF-β1」という物質が分泌され髪の毛の成長を抑制しヘアサイクルを乱れさせることで脱毛が増えていくのです。

ここまでは、AGA(男性型脱毛症)が進む原因についてお話ししてきました。
では、なぜ薄毛が遺伝するかと言えばテストステロンはそれほど個人差がないのですが「男性ホルモンの受容体」と「5αリダクターゼ」には個人差がありこの2つが遺伝すると言われているのです。

男性ホルモンの受容体であるアンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほど薄毛になりやすく、5αリダクターゼの活性力が高い人ほどジヒドロテストステロンという物質に変化しやすく薄毛になりやすいのです。

 

薄毛になる遺伝子がどうか調べられる?

自分が薄毛になる遺伝子を持っているかどうかは、病院で調べることが可能です。
検査と言っても難しい検査ではなく、口の中の粘膜や髪の毛を調べるだけで自分に薄毛遺伝子があるかどうかを知ることが出来ます。

AGA専門クリニックなどで行ってくれますので、まずは自分の体質が薄毛になる遺伝子を持っているか否かを知るという気軽な気持ちで検査に行ってみると良いでしょう。
男性にとって髪の毛が少なくなり将来ハゲる…と言うのは不安で仕方のない事です。
自分の遺伝子を知ることで、漠然とした不安もなくなりますし自分に薄毛遺伝子があると分かった場合も早めに対処できるため安心して行ってみて下さい。

自宅で簡単に遺伝子検査をしたい方



 

遺伝だからといって諦めない!

父親や親戚に薄毛の人がいるから、自分も将来薄毛になるしかない…と諦める必要はありません。
もちろん、薄毛になりやすい人・薄毛にならない人とパターンはありますが現代は医学による薄毛予防や薄毛改善が可能になってきています。

▼専門クリニックによる対処

遺伝によるAGAはもちろんありますが、医学の進歩によりAGA治療薬として1度は耳にしたことがあるプロペシア・ミノキシジルと言った処方薬が開発されました。
これらのAGA治療薬を使用することにより、薄毛の進行を抑え高い確率で改善することが可能になりました。

薬局に行くと、様々な「育毛」「抜け毛予防」の商品がありますが、きちんと薄毛を改善したい・将来髪の毛を失いたくないという方はAGA専門クリニックで診断をしてもらい、今のあなたに必要なものを処方してもらう事がオススメです。

プロペシア・ミノキシジルと調べると、海外からの個人輸入サービスを行っている所もありますがオススメしません。
個人輸入は顔が見えない分、偽物品も多く薄毛に対してのきちんとした効果が出ないだけでなく、健康被害を起こしかねない為利用しないようにしましょう。

薄毛は進行し効果が出ない上に、健康まで失ってしまっては本末転倒です。
AGA専門クリニックで、あなたの薄毛の進行度合いをきちんと診てもらいあなたに合った治療法・処方薬をもらうようにしましょう。

コメント