AGAの副作用を知りたい!プロペシア・ミノキシジルの知っておくべき副作用は?

薄毛治療

薄毛で悩んでいる人にとってAGA治療薬は、薄毛をストップしてくれるなら…と興味を持っている人も多いのではないでしょうか。
今では、AGA治療薬には様々な種類が開発されています。

AGA治療薬は、薄毛対策として非常に効果的ですが「薬」である以上副作用も付き物です。
副作用があるなら飲まない方が良いんじゃないか…と思うのではなく、副作用をきちんと把握して上手に付き合って服用することが大切です。

ここでは、AGA治療薬の副作用について詳しく解説をしていきます。

AGAってどういう症状?

最近ではよく聞くAGA…主に男性に起こる症状で「男性型脱毛症」と呼ばれています。
髪の毛がほぼ無くなっている状態を言うのではなく「最近シャンプーの時髪の毛がよく抜ける」「乾かした時沢山の髪の毛が床に落ちている」「枕についている毛が増えた」という方はAGAが始まっている可能性もありますので、専門のクリニック・病院で無料カウンセリングを受けてみるといいでしょう。
薄毛ケアは、まだ髪の毛があるうちからのケアが非常に大切です。
抜けてきて少なくなってからでは、取り戻すまでに時間がかかってしまいます。

 

AGAの治療薬って?

▼プロペシア

プロペシアの成分である「フィナステリド」という物質が、体内にある「5αリダクターゼ」酵素であるテストステロンの結合を阻止する作用をもっています。
その抑制効果で、髪の毛の成長を妨げるジヒドロテストステロンの生成を抑え脱毛や薄毛になる原因を防ぐとされています。

▼ミノキシジル

毛根部分の血管拡張を促し、頭皮の薄毛を改善するのに効果的とされており厚生労働省から発毛医薬品としても認可されている治療薬です。
外用薬と内服薬があり、市販のものとしてはリアップが有名です。
毛母細胞の増殖が作用としてありますがプロペシアの様な抜け毛防止効果がある薬ではなく、使用を中止すれば毛髪サイクルは元に戻ります。

内服薬は、単品での使用ではなくプロペシアと併用して処方されることが多い治療薬となっています。

 

AGA治療薬の副作用は?

AGAで悩んでいる方にとって、治療薬は非常に効果的な薬ですが副作用がゼロかと言えばそうではありません。
副作用といっても日常生活に悪影響を与える程の副作用ではありませんので安心して大丈夫です。

とはいっても、薬ですので服用前には事前に副作用を知って納得した上で服用することが望ましいですし、多くのクリニックでは肝機能が正常値であるかを血液検査で確認をし処方します。

個人的に気になる不安点や疑問点がある場合は、医師に相談をしてみるといいでしょう。
では、一般的に言われているAGA治療薬の副作用について解説をしていきます。

 

プロペシアの副作用は?

プロペシアで副作用としてあげられているのは「勃起不全」「性欲の減退」といったように男性機能に関する副作用が多くなっています。
しかし、個人差があり全く影響がない人もいますので100%全員に起こる症状というわけではありません。

万が一、「勃起不全」「性欲の減退」が夫婦の生活やパートナーとの生活に支障が出てきた…身体の変化を感じてきたという場合は医師に相談をするようにしましょう。
肝機能障害に関しては、医師が処方する前に検査や問診を行ってから問題ないとされた場合に処方されているので大きなトラブルが起こる心配は少ないですが、万が一体調などにより身体の変化や倦怠感を感じた場合はいったん薬の服用をストップし医師に相談に行くようにしましょう。

 

▼注意する点

プロペシアは「女性」「妊婦」「子供」に悪影響を及ぼす可能性があるので、処方された本人以外の家族が触ったり服用することのないように注意をしましょう。
また、服用期間中は「献血」「輸血」ができませんので覚えておきましょう。

一度プロペシアを服用したら、永遠に献血・輸血が出来ないかと言えばそうではなく1カ月以上空けるとプロペシア成分はゼロになるという結果もあるので1カ月以上は空けなければいけないという点を認識しておきましょう。

男性機能に副作用が出る人もいる
発症率はごくわずか
女性・妊婦・子供への取扱いは注意
輸血・献血は服用期間に注意する

 

ミノキシジルの副作用は?

発毛剤として使われるミノキシジルは、内服薬と外用薬に分かれており内服薬に関しては元々血圧を下げる為の処方薬でもあったため下記の方は使用することが出来ません。

・心臓機能の問題がある方
・貧血が酷い方
・低血圧症の方

 

▼内服薬

内服薬は、ミノキシジルの効果として毛母細胞を促進する作用がありますので腕や脚・手と言った体毛が濃くなることがあります。
髪の毛の様にボウボウになる訳ではありませんが、毛深くなったなと思う人がいるようです。

 

▼外用薬

外用薬は直接頭皮に塗り込み、発毛効果を促しますので皮膚が弱い人だとかぶれ・かゆみを発症する方もいます。
自分は肌が弱いかもしれないと不安な方は、まずはパッチテストとして一部分に使用して様子を確認してからの方が安心です。

 

AGA治療を効果的に行う為に

AGAは、薬を飲んだら即日効果が表れるというものではなく抜け毛が進行している体内の状態から抜けにくい状態へと変えていくので長期的なイメージを持っていなければいけません。

ですので、あなたに合った病院選びも大切ですしあなたが信頼できる先生に出会うこともとても大切な事です。
今ではAGA治療院は沢山ありますので、まずは無料カウンセリングを利用してみて、通いやすさや先生との相性を確認してみるのがオススメです。

AGAは放置してては、どんどん薄くなるばかりですので今以上髪の毛が少なくなる前に予防・対処することがとても大切になります。

コメント