日々の生活習慣の中に薄毛の原因が?気を付けるべきポイント!

薄毛対策・予防法

男性・女性問わず悩むのが『薄毛』ではないでしょうか。

◆ファッションが似合わなくなる
◆見た目がキマらない
◆人の目が気になる

など、髪の毛が少なくなることで数々のコンプレックスを抱えてしまうのです。
現代では、薄毛になる原因は「生活習慣」「生活環境」「遺伝」と分類出来るようになりました。

あなたは当てはまるもの…いくつありますか?

 

「生活習慣」

食生活の乱れ

身体は食べた物で出来ている…これは、当たり前のことで誰もが知っている事ですが毎日の食事をバランスよく食べるのはどうしても難しいのが現実です。

揚げ物や塩分の取り過ぎ・野菜不足など偏った食事は頭皮の毛穴を詰まらせたり、髪の毛に必要な栄養分が足りず元気で健康な髪の毛が生えてこない原因の1つにもなります。
髪の毛のことだけでなく健康面も考えると、偏食は避けバランスの良い食事を心がけることがオススメです。

自炊が難しいという方は定食屋さんなどのバランスの良い料理が出てくるお店を選ぶ・自炊が出来る人は野菜とお肉を油で炒めるメニューなどオススメです。

 

お酒・タバコ

仕事の付き合いやストレスで、どうしてもお酒やたばこをやめられないという人も少なくありません。
もちろんお酒もストレス発散の1つになっているという人もいると思いますので、一滴も飲まない方がいいとは言いません。
事実、適度なお酒は新陳代謝を活発にしたり自律神経の乱れを抑制する・血行をよくするなどいい面に働く点もあるとされています。

しかし、過度なお酒は肝臓や胃などの臓器を傷め働きが悪くなったり、動脈硬化のリスクを高めるため髪の毛に必要な栄養分が届かなくなってしまいます。

タバコは血管収縮するだけでなく、ビタミンを多く消費すると言われています。
タバコに含まれているニコチンの影響で、身体には様々な障害を引き起こし血流が悪くなることで育毛を抑制するだけでなく、髪の毛に必要なビタミンやβカロチンが禁煙者よりも多く消費される為髪の毛の育成にまで栄養素が及ばず薄い毛となってしまうのです。

お酒も楽しむ程度にし、たばこを吸っている人は髪の毛の為に本数を減らしたりタバコを吸わない人よりもビタミンを多く摂取するように心がけましょう。

 

頭皮ケア

あなたの頭皮は脂っこくないですか?カチカチではありませんか?

薄毛を気にする余り過剰な頭皮ケアをし過ぎて、逆効果になっている人も少なくありません。
頭皮の脂は毛穴を詰まらせる原因にもなりますので、しっかりとシャンプーで落として就寝することが大切になります。
しかし、ゴシゴシと洗いすぎると頭皮に必要な油分まで取って乾燥をしてしまいます。結果…乾燥した頭皮を補おうと身体は油分を出し余計に頭皮は脂っこくなるというトラブルを引き起こしてしまいます。

間違ったシャンプーの仕方と正しいシャンプーの仕方について解説をしていますので、参考にしてみて下さい。

【参照】あなたのシャンプーは正しい?間違ってる?

また、血行の悪くなった頭皮はカチカチになってしまいますので頭皮マッサージもオススメです。
血行が悪くなる要因はストレスや運動不足・食生活と様々ですが、毎晩お風呂場で頭皮をマッサージしてあげるだけでも、頭皮が柔らかくなってくるのが分かります。
マッサージもゴリゴリするのではなく、優しく頭皮をほぐすように行う事が大切です。

 

「生活環境」

ストレス

現代病とも言われるストレス…仕事やプライベートなどストレスをゼロにするというのは非常に難しい現代です。
ストレスから鬱や病気になる人も多いと言われる位、ストレスは身体に非常に大きなダメージを与えると考えられています。

なぜ、ストレスが溜まると良くないかと言えばストレスによって自律神経のバランスが崩れ、免疫力の低下や血行不良を引き起こします。
血行不良が起こると髪の毛の発育に必要な栄養が行き届かなくなり、元気で健康な髪の毛が生えにくくなってしまいます。

また自律神経の乱れは、髪の毛に必要な育毛サイクルをも乱れさせ新しい髪の毛を作り出す「発生期」や「成長期」が停滞してしまい髪の毛の成長が止まる「休止期」で動かなくなってしまい新しい髪の毛が生えにくくなってしまいます。

よく「ストレスによって円形脱毛症になった」という言葉を耳にしませんか?
一部分がごっそりと抜けてしまう現象ですが、ストレスはそれくらい髪の毛に大きな影響を与えてしまうのです。

 

ストレスをゼロにするのは非常に難しいと言えます。
ですから、あなたなりのストレスのリフレッシュ方法を見つけ出すといいでしょう。例えば、スポーツをする・お風呂にゆっくり入る・ゴルフをする…など心と身体をリラックスさせることによって自律神経の乱れを予防することも可能になります。

 

紫外線

紫外線は髪に必要なたんぱく質にダメージを与えたり、メラニンを分解したり髪の毛全体に悪影響を与えます。
男性は難しいかもしれませんが、女性は日傘をさして紫外線から髪の毛を守るようにすることがオススメです。
男性の方は、休日は帽子をかぶったり今は紫外線防止のヘアスプレーも発売されていますので直接紫外線が当たらない様な努力は必要です。

 

「遺伝」

最近では良く聞くようになった「男性型脱毛症」いわゆるAGAです。

遺伝の影響は約70~80%あると言われており、親族に薄毛で悩んでいる人がいる場合あなたもAGAのリスクが高まる可能性があることが分かっています。
70~80%も遺伝なら生活習慣を見直しても…と思いがちですが、AGAは遺伝をする可能性があるからこそ生活習慣はきちんと正し少しでも進行を抑える努力が必要です。

また最近はAGAは治療で遅らせることも可能になってきました。

 

まとめ

あなたに当てはまるものはいくつありましたか?

放置をして薄毛が進行してしまうと、残っている毛髪も少なくなり進行した状態からのケアは非常に時間もかかり困難とも言えます。

当てはまる項目があれば、今から少しずつ出来る範囲で改善をしていくことが薄毛が進行しない為に大切です。

コメント