あなたのシャンプーは正しい?間違ってる?頭皮を健康に保つケアについて

薄毛対策・予防法

毎日入るお風呂ですが、実は間違った頭皮ケアをしている人も少なくありません。

綺麗にしているつもりが逆に頭皮を傷つけ、薄毛を促進している可能性も少なくありません。
ここでは、毎日のシャンプーの仕方や頭皮マッサージについて詳しく解説をしていきます。

正しいシャンプー方法とは?

シャンプーは頭皮の汚れや皮脂を落とし、毛穴をキレイに保つ効果があります。
お湯で濡らし、シャンプーを付け、ゴシゴシと洗う…
同じ作業でもちょっとした違いで頭皮の状態は大きく変わってくるのです。

①ぬるま湯で汚れを落とす

シャンプーを使う前に頭皮にお湯を当てて濡らすと思いますが、ココはとっても重要なポイントです!

意外と適当に濡らすだけの人が多いと思いますが、大半のホコリや皮脂汚れはこの段階で落ちるのです。
熱すぎないお湯でしっかりと頭皮の汚れを落としましょう。

ぬるま湯でしっかりと汚れを落とす事がPOINTです!
熱すぎるお湯は、逆に必要な皮脂を落とし過ぎてしまう可能性があるため『ぬるま湯』を心がけましょう。

②シャンプーで頭皮を洗う

ぬるま湯でしっかりと汚れを落としていれば、シャンプーはワンプッシュで十分です。
手で少し泡立て髪の毛全体に馴染ませます。
爪を立てず指の腹で、毛穴の汚れを浮きだたせるイメージをしながらしっかりと汚れを落としていきます。
髪の毛だけ洗うのではなく毛穴をキレイにする事が目的ですので、しっかりと頭皮を洗うようにしましょう。

ゴシゴシ頭皮を洗うのではなく、爪を立てず指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう!
爪を立ててゴシゴシと力任せに洗うと、頭皮を傷つけてしまいます。

 

③シャワーで泡を落とす

毛穴や頭皮についている泡をしっかりと洗い流しましょう。
この時もぬるま湯がベストです。

泡の洗い残しがあると、毛穴を塞いでしまう可能性もあり逆に頭皮に良くありませんのでしっかりと洗い流すことが大切です。

④しっかりと乾かす

濡れている髪の毛は非常に弱く繊細で、キューティクルが簡単にはがれてしまいます。
また、濡れたまま放置をしてしまうと「雑菌」が増えやすい頭皮環境になり臭いも出やすくなってしまいます。

自然乾燥も髪の毛に良くありませんので、お風呂から出たらタオルドライをしドライヤーを使ってしっかりと乾かしましょう。
その際の注意点として、高い温度の熱風を一点に当てるのは頭皮に非常によくありません。

ある程度頭皮からドライヤーを離して、熱すぎない温度の風で頭皮からしっかりと乾かすようにしてください。
大切な髪の毛ですから、しっかりと最後までめんどくさがらずケアをしましょう。

シャンプーと同時にできるマッサージ

人の髪の毛は約10万本あると言われています。
毎日頭皮マッサージの時間を作るのは難しいというのが現実だと思いますので、毎日行うシャンプーの中で頭皮マッサージを取り入れる事がオススメです。

元気な髪の毛が育つには「しっかりとした栄養」とその栄養を運ぶ「良好な血行」です。
どんなに栄養バランスを考えた食事をしても、血行が悪いとせっかくの栄養も髪の毛を育成する毛母細胞まで栄養が行き届きません。

頭皮マッサージをすることで、血行を促し血流をよくする効果が期待できます。
肩こりも血行の悪さが原因の1つにあげられていますが、軽く肩をマッサージするだけでも肩こりが緩和され楽になりますよね。
それと同じ原理になります。

≪頭皮マッサージ方法≫

頭全体を指の腹で揉みこみ、頭皮をほぐすイメージでまんべんなくマッサージをしましょう。

その際に、痛いようでは逆効果になりますので「気持ちいい」位の力加減を心がけましょう。
手が小さく頭を包むようにマッサージを行うのが難しいという方は、手をグーにして指の背で頭皮を押すようにするのもオススメです。

まとめ

今までのシャンプー方法と違う所はありましたか?
意外と多くの人が知らないのは「最初にしっかりとシャワーで汚れを落とす」という点です。

シャンプーでゴシゴシし過ぎたり熱すぎるお湯を使うと頭皮に必要な油脂まで洗い落としてしまい乾燥を招きます。
そうすると、乾燥した頭皮に潤いを与えようと油脂が過剰に出てきますので間違った頭皮ケアは要注意です。

毎日のことですから、出来ることから少しずつ取り入れて健康な頭皮環境を保つようにしましょう!

コメント