男性の薄毛の原因は?遺伝?食生活?

薄毛疑問Q&A

薄毛に悩んでいる男性は非常に多いのではないでしょうか?
髪の毛があるのと無いのでは、見た目も変わってきますし何より女性からの印象が大きく違ってきます。

薄毛の原因

人間は日々細胞分裂を行い、髪の毛も成長し生えかわりと言ったサイクルを繰り返しています。
しかし、何らかの原因によって成長サイクルが乱れ髪の毛が細くなったり抜け落ちるスピードが速くなったり新しく生えてくる髪の毛の成長が遅れたりという要素が重なり『髪の毛が薄い』といった状態になってしまいます。

原因として考えられているのは5つです。

 

≪ストレス≫日々生活をしていてストレスを感じないようにした方が良い!というのは難しい話です。
ストレスを抱えると自律神経が乱れホルモンバランスが崩れてしまいます。それによって、血流が悪くなり髪の毛に必要な栄養素を届けることが出来なくなり毛の成長を妨げます。

 

またストレスを抱えると活性酸素が体内に発生し細胞の老化を促進させてしまうのです。

 

≪生活習慣≫きちんと栄養を考えて食事をしていますか?お酒を飲み過ぎていませんか?髪の毛もあなたが口から食べた栄養素で成長をしているので、不規則なインスタントやお菓子・飲み会での揚げ物ばかりを食べていては髪の毛の成長を妨げてしまいます。食生活や生活習慣によって、頭皮がベタついたり乾燥したり頭皮トラブルも引き起こしやすくなってしまいます。

 

≪男性ホルモン≫男性ホルモンは精子を作ったり男らしい体格を作ったりするには必要なホルモンです。

しかし、男性ホルモンの1つであるテストステロンが酵素(5αリダクターゼ)と結びつくと髪の毛の成長の要と言える毛母細胞で育毛を阻害したり脱毛を促したりという働きをしてしまい薄毛に繋がると言われています。

 

 

≪親族からの遺伝≫薄毛と遺伝は関係があると言われています。
しかし、親が祖父が薄毛だからと言って100%遺伝するわけではありません。
人によって薄毛になるかならないかの誤差があるのは、男性ホルモンに影響を与える『5αリダクターゼ』が要因だと言われており、この『5αリダクターゼ』の分泌量が遺伝によって異なると言われているからです。

 

≪間違ったスキンケア≫髪の毛を気にするあまり不必要に育毛剤をつけたり、ゴシゴシとシャンプーをしたりしてはいませんか?
髪の毛に合ったきちんとした育毛剤を使わなければ逆効果になりますし、シャンプーのし過ぎも必要な油分まで取り除いてしまい頭皮のベタつきや乾燥を招き育毛サイクルを狂わせてしまう可能性があります。過剰な皮脂は頭皮の毛穴の詰まりを招き、育毛の妨げになってしまうとも考えられています。